「ハイドロカルチャー講座」 一覧

微粉ハイポネックス

ハイドロカルチャーに最適な肥料は?

植物を育てるには必須栄養素と呼ばれる17種の元素が必要になります。それぞれは以下の通りです。炭素 (C)、水素 (H)、酸素 (O)、窒素 (N)、リン (P) ...

微粉ハイポネックス

肥料と活力剤の違いを知ってますか?観葉植物を育てる基礎知識

肥料と活力剤の違いはご存知ですか?同じものと考えていてはダメですよ。カンタンに整理すると、植物に元気がないときや、環境の変化に対する適応能力を高めるときに与える ...

no image

肥料の三大栄養素の働きを知って観葉植物を育てよう。

観葉植物を育てるうえで、植物の育成に必要な要素を知る事は重要です。植物に必要な元素は17種類、「必須元素」と呼ばれています。16種のうち炭素(C)、酸素(O)、 ...

セラミス・グラニュー

ハイドロカルチャーに最適な植込み材は?ハイドロボール、ネオコール、セラミスグラニューどれがいいのか?

ハイドロカルチャー用の植え込み材として使われるハイドロカルチャーでハイドロボール、ハイドロコーン、レカント、セラミスグラニューなどなど。これらは同じハイドロカル ...

観葉植物の光補償点

光補償点を把握すれば、部屋が暗くて観葉植物がうまく育たないってことがなくなります。

部屋がくらくて上手に観葉植物が育たないって悩んでいませんか?植物には育成に最低限必要な明るさである光補償点というものがあるんです。植物ごとの光補償点を把握してお ...

暗い部屋でも観葉植物を育てたい!正しいLED照明を選べばOKです!

暗い部屋で植物が育たない理由は、日光が入らないから。そこでおススメしたいのがLED照明です。なんとLED照明を正しく選ぶことで、植物の生長(成長)に必要な光の条 ...

no image

室内の観葉植物・草花は衛生的なハイドロカルチャーで育てよう。

ハイドロカルチャーがおススメの理由。それは、室内に土を持ち込むと、様々な雑菌や虫までも一緒に持ち込むことになるからです。観葉植物や草花を室内で育てたいと思ってい ...

Copyright© ハイドロカルチャーで楽しもう , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.